健康博覧会2019に出展します

posted in: press release | 0
Pocket

この度、2019年1月23日(水)〜25日(金)@東京ビックサイトに行われる健康博覧会に出展いたします。
ドーピング・ガードをはじめとする弊社の取り組みについてご紹介させていただきますので、ご希望の方はぜひ弊社ブースまでお越しください。また25日(金)にはサプリメントメーカー向けのドーピングセミナーも実施いたします。参加希望の方は本ページ下部のリンクよりお申し込みください。皆様のご来場、心よりお待ちしております。

イベント名:健康博覧会2019
出展内容:ドーピング・ガードをはじめとするドーピング防止事業/ドーピング・セミナー
開催期間:2019年1月23日(水)〜25日(金)
開催場所:東京ビックサイト西1・2ホール&アトリウム
サイト:http://www.this.ne.jp/

【ドーピング・セミナーについて】
タイトル:ドーピング違反の連絡を受けたときの対処方法
日時:1月25日(金)12:20〜12:50
参加費:無料(要事前予約/予約がない場合は健康博覧会の入場料5,000円がかかります)
参加特典:先着20社様限定で参加特典があります
セミナー講師:薬剤師 小野

内容:
東京五輪などの開催が近づくにつれ、WEBやテレビなどのメディアにおいて、ドーピングに関する報道が多く取り扱われるようになりました。
日本国内における2017年のドーピング違反者は、6名。世界的に見て違反者は1/10程度と少数ですが、ドーピングに関する法律の施行や、新組織設立により、今後国内のドーピング検査回数が増えることは明らかです。
もし、アスリートに製品提供をしており、そのアスリートからドーピング違反の連絡が入った時、メーカーにはどういった事態が起きるか、ご存知ですか?認証などを取っていれば、何も疑われないのでしょうか?
違反の連絡が入った時に想定される、メーカー側で起こる事態について、実際に起きた事例をもとに解説します。
セミナー詳細・お申し込みはこちら>